Minpaku

民泊を代行すれば楽に経営をスタートできる

空いた部屋で収入を確保

副収入を得る新たな手法

インテリア

現在世界で注目を集めているのがairbnbと呼ばれる民泊サービスですが、この日本でも需要の高さから民泊需要が増加傾向にあります。
この民泊は何も一から物件を借りる必要が無く、空いた部屋を有効に使って宿泊者を募る事が出来ます。
例えば、現在利用していない部屋や家、そして物件があれば、そこを宿泊者用が滞在出来る様家具家電を揃えれば、後は宿泊者をサイト上で募るだけです。
中には、一軒家の空いた部屋を貸し出している人もいる程、この民泊で副収入を得る事が出来ます。
しかし、予約の受付から鍵を宿泊者に渡す業務等が必要となるため、普段日中仕事をしている人はなかなか宿泊者とのやりとりをタイムリーに行えないかもしれません。
そこで利用可能な代行サービスが注目を集める様になりました。
この代行サービスを利用する事で、宿泊者とのやりとりから、中には部屋の掃除まで一括で請け負ってくれる業者も登場しています。
都心部や観光地が近い物件の場合、外国人観光客が多く予約をする事も多く、予約のやりとりを英語やその他の言語で行う必要もあるかもしれません。
しかし代行業者では、外国語対応もしているため、簡単に海外の人とのやりとりが出来、かつ鍵の受け渡しまで代行可能となっています。
空いた部屋を有効に活用し、そして収入を得られるのであれば、是非挑戦をしたいサービスと言えるでしょう。
まずは代行業者をいくつか調べた上で、料金やサービスを比べてみましょう。

民泊業務の魅力

お金

最近になって、民泊という言葉をよく聞くようになってきました。
民泊とは、民家に旅行者を泊める制度のことを言います。
外国人旅行者の増加を受けて、急速に広がってきました。
今の段階では特別に認められたエリアでしか民泊はできないことになっていますが、今後、どこのエリアでも民泊ができるようになると予想されています。
現在行われている民泊は、大家が外国人旅行者とコミュニケーションをとりながら異文化交流をする手段として取り上げられることが多いですが、法整備が進めば、投資対象としての魅力も高まります。
なぜならば、同じワンルームマンションでも、賃貸物件として貸し出して賃貸料をもらうよりも民泊として利用してもらい宿泊料を得る方が収益性が高いからです。
民泊には、予約管理やチェックアウト後のクリーニングなど、色々な手間がかかりますが、すでにこれらの業務を代行する業者も登場しています。
つまり、宿泊施設となる部屋を用意して代行業者に管理を委託してしまえば、大家はほとんど苦労することなく、高収益を得ることができるようになるのです。
民泊が最近になって登場した新たなサービスなので、代行業者にもノウハウがあまり蓄積されていません。
代行業者を選ぶ際には、今までの実績を確認するのはもちろんのことですが、実際に担当者に会ってみて、誠実に対応してくれるかどうかを確認しましょう。
代行業者の良し悪しで民泊投資の成果が大きく変わってくるといっても過言ではありません。

どのような仕組みなのか

婦人

旅行者の増加による宿泊施設の需要の高まりや、個人でも簡単に始めることが出来ることなどから民泊が注目されています。
しかし実際に民泊を開業するとなると、予約の受付や部屋の掃除などやらなければならないことが多く、大変です。
そこで代行業が盛んになりました。
それでは民泊における代行業は一体どのような仕組みになっているのでしょうか。
業者によってサービス内容は大きく異なりますが、民泊代行では基本的に、宿泊前、宿泊中、宿泊後の対応を行ってくれます。
宿泊前のサービスは、宿泊予約をするためのwebサイトやメール・電話対応、鍵の受け渡しなどがあります。
宿泊中は、緊急時の対応、宿泊後は掃除や備品管理、売上データの分析などです。
また場合によっては、部屋を利用するためのゲスト向けのマニュアル作成やwebサイトに公開するための部屋の写真撮影、通訳などを行ってくれることもあります。
他にも、部分的に代行を依頼するタイプもあれば、民泊に必要な業務をすべて代行してくれるタイプのものもあり、使い方によっては部屋を用意するだけでお金が入ってくるようにすることも可能です。
気になるのはその費用ですが、一般的には成果報酬型が多いです。
そのためゲストが来なければ基本的にはお金はかかりません。
相場に関しては、業者によって異なりますが、宿泊料の10〜20%になります。
ただし、部屋の清掃料金に関しては別になることが多いので注意が必要です。

マンション経営・東京

マンション投資をお任せしたい方必見です!セミナーに参加をしておけば、経営を成功させることができますよ。

費用は掛かるけれど楽

男の人

民泊を始めようとする場合、物件の管理をどうするかという点を考えておかなければいけません。自分では管理ができない、面倒だという場合には代行業者に依頼してしまうという方法が一般的です。しかしどの代行業者でも良いというわけではなく、しっかりと選ぶことが大切です。

もっと読む

airbnbを使った投資

電卓と紙幣

民泊は誰でもはじめることができますが、一方で投資として複数の部屋を提供する場合には業務が煩雑になってきます。このためはじめて行いたい人や複数の部屋を提供したいといった場合には民泊代行業者を使う方が有利です。

もっと読む

外注するメリット

握手

民泊は誰でもはじめることができますが、提供する部屋数が多くなると個人で行うのは難しくなります。しかし、人を雇ってまで行うのはリスクが高く、そのため代行業者に外注するという選択肢があります。代行業者であれば、一から十まで行ってくれるところもあり、手間なく民泊事業をすることができます。

もっと読む