Minpaku

民泊を代行すれば楽に経営をスタートできる

費用は掛かるけれど楽

選ぶポイント

男の人

訪日する外国人観光客の増加などが原因となり、日本ではホテルや旅館などの宿泊施設の不足が続いています。
そのため、一般の人たちが自分の家の空いている部屋や、所有している物件で入居者がいない物件などを旅行者に提供する民泊が増えてきています。
使用していない物件を有効活用できる投資法ではありますが、民泊を行う時には自分たちがホテルや旅館に宿泊した際、部屋の中が綺麗に整えられているのと同じように、民泊に貸し出す物件を整えなければいけません。
時間がない、手間がかかるのが嫌だという場合には、費用は掛かってしまいますが民泊の代行業者を依頼すると良いでしょう。
代行業者は予約をした旅行者への対応や部屋の掃除を行い旅行者がすぐに使えるような状況にしたり、鍵の受け渡しなどあらゆることを行ってくれます。
代行業者によってはオプションとして別途費用が掛かってしまうこともありますが、民泊の情報サイトへ提供する写真の撮影や文面を考えてくれることもありますので、そのような代行業者を選べば、物件さえあれば後は全てお任せしてしまえるというのが大きなメリットとなります。
このような民泊の代行業者は多くあり、どの業者を選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。
しかし代行業者をきちんと選ぶことがその後の物件の人気度にも関わってきますので、収入に大きな影響を与えてしまいます。
どの点を重視したいのか、自分でできるものは何なのかなど、自分でできること、依頼することをきちんと見極めておくことが大切です。

先行者利益を得よう

メンズ

少子高齢化が本格化する中、アパート経営者にとって最悪だったニュースが相続税法の改正です。
基礎控除額が4割削減されたことによって、相続税が発生する人の数が急増しました。
もちろん、もともと相続税を支払う予定だった人は、より多くの税金を支払うことになります。
このような人たちが、本気で相続税の節税を意識し始め、取り組んだのがアパート経営です。
賃貸物件は相続税評価額が下がる点を利用して、現在、次々とアパートが建設されています。
今までほとんど満室だったような収益物件でも、これから同じ家賃で満室を続けることができるとは限りません。
アパート経営のこのような危機的な状況から脱したいと考えているのであれば、民泊を始めてみましょう。
民泊とは、旅行者等に部屋を貸し出すサービスです。
現在、外国人旅行客の増加を受けて、宿泊施設がかなり不足しています。
民泊は、今後、大きく成長する分野と期待されています。
もしも、外国人旅行客の相手をする自信がなければ、民泊代行業者に委託してしまうこともできます。
民泊代行業者に依頼すれば、集客から宿泊施設の管理まで一括して行ってくれます。
現在、民泊代行業者は少しずつ増えてきています。
いくつかの民泊代行業者に問い合わせて、提案をしてもらうとよいです。
民泊施設は利便性で劣るところでも十分に収益を上げることも可能です。
まだ参入者の少ない今のうちに果敢にチャレンジし、先行者利益を存分に享受しましょう。

新法が待たれます

内観

民泊には三種類あります。
1つ目が旅館業として行われるもの、2つ目が国際戦略特区内で行われるもの、そして3つ目が新法に則って行われるものです。
現在、旅館業として宿泊施設を運営する場合や国際戦略特区内で民泊を行うケースは許されています。
そして、今、大きな注目を集めているものが新法による民泊です。
この新法が施行されれば、住居地域での営業も可能となります。
そして、新法では、旅館業のように許可制ではなく届出制となる予定です。
そのため、ワンルームマンションや1棟アパートを保有している不動産投資家や空き家を持て余している大家等にとっても大きなチャンスがやってくるわけです。
現在、政府は2020年までに外国人旅行者数を4000万人にまで引き上げるという大きな目標を掲げています。
これが実現するとなると、今後、ホテルや旅館等の宿泊施設だけでは、旅行客を収容しきれません。
そこで、新たな手段として民泊が注目されており、法整備が急がれているのです。
すでに民泊運営の代行業者も数社登場しています。
代行業者に管理を委託してしまえば、大家や不動産投資家は一般賃貸物件と同様にほとんど手間をかけることなく、収益を上げることができるようになります。
もしも、民泊に興味があるのであれば、今から代行業者探しをしておくとよいでしょう。
早めに代行業者と打合せをして詳細を詰めておけば、新法施行とともにスタートダッシュを切ることができます。