Minpaku

民泊を代行すれば楽に経営をスタートできる

外注するメリット

行わなければならないこと

握手

民泊というのは、airbnbなどのSNSなどを通じて部屋を貸したい人がホスト登録をし、部屋を借りたい旅行者などがゲスト登録をすることによって短期間の部屋の貸し借りを行うことができるサービスのことです。
民泊をはじめようと思った場合には、まずは貸し出すための部屋を用意することが必要です。
少なくとも安心して眠ることができるベッドなどを用意する必要がありますし、必要に応じて鍵も設置しなければなりません。
本格的な施設とするのであればキッチンなどもリフォームする必要があります。
提供する部屋を用意したらairbnbなどのSNSにホストとして登録することになります。
登録後もゲストからの問い合わせや対応なども必要ですし、利用後の清掃や消耗品の交換などの作業も必要になってきます。
特に民泊の場合には海外の利用者が多いので、外国語のスキルも必要になってきます。
民泊をはじめること自体は簡単なのですが、応対など必要で提供する部屋数が多くなればなるほど煩雑になってきます。
このため代行業者に外注するのが一般的です。
代行業者といっても一から十まで行うところもありますし、清掃や消耗品の交換だけを行うといったところもあります。
代行業者を使うことで管理の負担を軽減することができますし、また外国語の応対も代行業者が行ってくれる場合には、外国語スキルがなくても民泊事業を始めることができます。
また代行業者の多くは民泊の売上が発生した時のみ報酬が発生する仕組みなので必要以上の維持費が掛からないといったメリットもあります。

物件獲得のみに専念しよう

模型を持つ人

安定収入を得る手段として中古ワンルームマンション投資が人気です。
不動産投資の中では、少額で手掛けることができる部類に入り、入居者がいれば安定的な収入を確保できます。
しかし、一方でリスクもあります。
それは空室です。
物件によっては数ヶ月もの間、空室になってしまうことも珍しくありません。
今後、人口減少が継続的に減っていく中で中古ワンルームマンション投資に警戒感を持つ人も増えています。
もしも、中古ワンルームマンション投資に代わる新たな投資手段を探しているのであれば、民泊を検討してみましょう。
ここ数年の外国人旅行客の増加により、今、宿泊施設が足りない状況になっています。
2020年に訪日外国人数を4000万人にするという目標もあり、民泊はかなり注目されています。
上手に運用することができれば、中古ワンルームマンション投資以上に収益を上げることも可能です。
始め方がわからない人でも、民泊代行業者に頼んでしまえば、簡単に始めることができます。
民泊代行業者の中には、集客から管理まで民泊に関わる全ての業務を行ってくれるところもあります。
しかも、多くの民泊代行業者が売り上げ連動型の管理手数料を設定し、物件オーナーとセイムボードの位置関係にあるので、民泊代行業者が頑張れば頑張るほど、オーナーへの収益も増えます。
また、民泊代行業者を活用することで、オーナーは民泊に適した物件を探すことにのみに専念できるので、運用規模を拡大しやすくなります

宿泊施設を手軽に運営する

ウーマン

近年、新しい形の不動産関連ビジネスとして人気を呼んでいるものに、民泊があります。
民泊とは、ホテルや旅館などの宿泊専用施設以外の、たとえば一般民家などに旅行者を泊めることをいいます。
なぜこれが「不動産関連」なのかというと、アパートやマンションのオーナーが保有物件を民泊用に供用したり、民泊利用を前提として物件を購入したりするケースが増えているからです。
つまり、不動産投資の一手法として有望視されているのです。
訪日外国人客の増加によって宿泊施設の不足が叫ばれている昨今、注目度は高まる一方です。
こうした情勢を受けて、民泊代行業者もまた増加傾向にあります。
民泊代行業者とは、オーナーからの依頼を受けて施設の運営に関する業務全般を手がける専門事業者です。
多くの物件オーナーが代行業者の利用を選んでいる理由は、非常にシンプルです。
それは、民泊施設の運営には通常の賃貸住宅の運営とまったく異なるノウハウが必要だからです。
宿泊施設の場合、利用者は数日単位、場合によっては1日単位で入れ代わります。
そしてその都度、チェックイン・チェックアウト・料金精算・ルークメイクといった業務が発生します。
さらに、一般の住居を転用した場合、利用者と近隣住民の間でトラブルが発生して事後対応が必要になったりすることもあります。
こうした業務を的確に処理するには、訓練されたエキスパートの力が必要です。
代行業者を利用すれば、オーナーが直接手を下さなくてもスムーズな運営が可能になります。